在日本讀書的留學生小伙伴,平日里生活打工已經忙得不亦樂乎,如果可以申請到學費減免,無疑可以減輕很多繁重的經濟負擔。那么申請學費減免時的理由書應該怎么寫呢?快來跟小編一起學習一下吧!

學費減免申請理由書的要點:

家庭の経済狀況やご兄弟の就學狀況の他に、ご自身の勉學に取り組む意欲なども強調されてはどうでしょうか。収入が少ない?家計が苦しい事はどの申請者も必ず書きますが、そういった経済環境の中でも何が何でも大學で勉強したいとか、大學で勉強して將來こういう人間?社會人になりたいとか、前向きな意欲をアピールするもの必要かと思います。例えば、本來ならアルバイト等が必要だが、まず大學での生活環境に慣れることや、基礎的な勉強に集中したいとか(その後専門的學問を修め、○○○に成りたい...)。申請理由の字數制限も有るかと思いますが、ご自身の熱い意欲を簡潔に入れるのは如何でしょうか。

家庭的經濟情況和兄弟姐妹上學的情況,除此之外,一定要強調一下自身強烈的學習欲望。收入少、家里沒錢這些事所有申請者都會寫,但是即使在這種環境中仍然想要在大學學習,在大學學成之后將來想要做什么之類的,一定要說出自己積極的學習欲望。例如,本來必須要打工的,但是想要先適應大學的生活環境和想要集中在學習上(之后想要專攻專業學習、想要成為……)之類的。申請理由應該是有字數限制的,關鍵就是如何在有限的字數內簡潔有力的展現出自身的熱烈意愿了。

看完了以上要點之后就來試寫一下吧!小編還為同學們準備了幾個日本學生寫的范文,一起參考一下吧!

父は、不況の影響により、平成22年 3 月末に解雇されました。平成 23年5月から再就職したものの給料は以前の半分程度に減少してしまいました。?母は、平成22年5月から家計を支えるためにパートをしていますが、勤務時間が限られており、それほど多くの収入は得られません。?また、私は 3 人兄弟ですが、姉は國立大學、兄は専門學校に通っており兄弟に収入はありません。私は、勉學に集中したいと考えておりアルバイトをする時間が限られています。?奨學金も受けてはいますが、現在、私の家の家計から、私の授業料を支払うことができません。以上の理由により、授業料の免除をお願いいたします。
?

父親因為經濟不景氣的影響,在平成30年3月末的時候被公司解雇了。雖然從平成23年5月起找到了新的工作,但是工資只有以前的一半。母親從平成22年5月起為了填補家計開始做小時工,但是因為限定了工作時間,得不到多少收入。而且,我們家有三個孩子,姐姐現在在讀國立大學,哥哥現在在讀專門學校,都沒有收入。我因為想要專心學習,所以打工的時間也有限。我也沒有得到獎學金,現在,我家的經濟情況已經很難再負擔我的學費了。因為以上的理由,請通過我的免除學費申請。

父は,勤めていた會社を平成15年3月に辭めて転職しましたが,給料は安く,また,わずかな田畑で農業を営んでいますが,自家消費程度のもので,収入はあまりありません。姉は,勤め始めたばかりで,家計への援助も多くは望めません。兄は,県外の大學,弟が高校と私を含めて就學者が3人あり,家計に占める學費の割合は高くなっています。祖母は,足が不自由で身體障害者の認定を受けており,母は介護のため働きに出ることができません。私もできるだけアルバイトをして家計を助けるようにしていますが,ぜひ授業料の免除をしてくださるようお願いします。

父親在2018年3月時辭去了以前的工作,換了一份新工作,但是新工作的工資很低,而且我家鄉下經營的農業,只夠自家消費的程度,完全沒有多余的收入。姐姐剛開始工作,不奢望她能幫助家計太多。哥哥在縣外的大學上學,弟弟在讀高中,加上我就有3個人在讀書了,所以家計中學費占據了很大一部分。奶奶因為腿腳不方便,得到了殘疾人認定,母親因為要照顧奶奶,也不能出去工作。我盡可能的打工來幫助家計了,但是還是希望通過我的免除學費申請!

本內容為滬江日語原創,轉載請注明出處。

相關推薦:

日本留學:獎學金和學費減免

日本公立大學的學費減免數目參考