貓の鳴き聲といえば「にゃー」を思い浮かべる人が多いと思うが、こう表現するようになったのは江戸時代以降だという。

說到貓叫聲,很多人會想到的“にゃー”是從江戶時代才開始作為貓叫的擬聲詞。

平安時代は「ねんねん」、鎌倉時代は「ねうねう」など、時代によって貓の鳴き聲の表現は異なっていた。江戸時代以降、貓がペットとして飼われるようになり、徐々に鳴き聲の表現が「」に定著していったといわれている。

而時代不同,對貓叫聲的表現也不同,平安時代是“ねんねん”,鐮倉時代是“ねうねう”。到了江戶時代以后,貓成為寵物被飼養,貓叫的擬聲詞“にゃー”才逐漸固定下來。

貓が鳴く理由として、次の5つが考えられる。

人們一般認為貓叫的原因有以下五點。

1ミルクが飲みたい、甘えたいなど、幼児期の貓が母貓に何かを要求する時

1想喝牛奶、撒嬌,幼貓向母貓提出要求的時候

2発情期に交配相手を必要とする時

2發情期需要對象的時候

3相手の貓を威嚇して遠ざけたり、自分を防御する時

3威嚇其他貓使其離開和自我防衛的時候

4飼い主に敵対している時

4和主人對著干的時候

5飼い主に好意的な時

5對主人表達好感的時候

では、具體的に貓の鳴き聲の意味を読み解いていこう。

那么,來具體解釋一下貓叫聲的意思。

「みゃー」「みゃおー」「しゃおー」や「にゃっ」と短く鳴いた時は、ご飯がほしい、遊んでほしい、ナデナデして、など何かを要求している時だ。

發出“みゃー”“みゃおー”“しゃおー”“にゃっ”等短促叫聲時,是在表達想吃飯,想玩耍或是想要被撫摸等要求。

「あおーん」「おぅおぅ」といった少し甘えた聲になる。発情期で異性にアピールしたり、人に甘えたい時に出す。

在發情期吸引異性或對人撒嬌的時候,貓咪會發出“あおーん”“ おぅおぅ”這樣表現可愛的聲音。

警戒している時は、「うー」「シャー」「カッ!」「あぉーーー」「ギャオー」など敵意を表す激しい鳴き方をする。

貓咪在警戒的時候,會發出“うー”“シャー”“カッ!”“あぉーーー”“ギャオー”等帶有敵意的激烈叫聲。

狩猟本能からくる興奮狀態にある時に出す鳴き聲。獲物を前にテンションが上がっている。また、室內から外を見ていて鳥などを見つけた時などに「ケケケッ」「アアアッ」「カカカッ」といった小さな聲を出す貓もいる。

因為狩獵本能而處于興奮狀態時發出的叫聲。 是在獵物面前情緒高漲。 另外,也有貓在室內往外看發現鳥的時候,發出“ケケケッ”“ アアアッ”“ カカカッ”輕輕的叫聲。

また、貓はなでられたりすると「ゴロゴロ」といった音を発するが、これは鳴き聲ではない。喉の奧の筋肉が動くことで、聲門が振動して音が出ているという。

另外,貓被撫摸時會發出“ゴロゴロ”的聲音,但這不是叫聲。 據說這是由于喉嚨深處的肌肉運動,聲門振動發出的聲音。

貓が人間に対して鳴く時は、ご飯をちょうだい、遊んで、など何かを訴えているケースがほとんど。言葉は通じないが、鳴き聲に耳をすませば、心はきっと通じるはずだ。

貓對著人類叫時,基本都是在表達一些訴求,比如要吃飯、要玩等等。 盡管語言不通,但只要傾聽叫聲,一定能明白貓咪的意思。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閱讀推薦:

各有各的萌!日本新奇動物咖啡廳

萌萌惹人愛:“貓尾”手機操作手套