【本課講解步驟】

本課內容:單詞、課文。
課程講解:主要語法和句型。

【本課內容】

単語:

宇宙食(うちゅうしょく)太空食品
補給(ほきゅう)補給、補充
重力(じゅうりょく)重力
初頭(しょとう)初、最初、初期、開頭
チューブ(チューブ)軟管、管筒
ペースト(ペースト)糊狀食品、糊、膏、醬
地上(ちじょう)地球上、地上、地面上
いつまでも(いつまでも)永遠、始終、到什么時候也
望ましい(のぞましい)最好、最理想
何しろ(なにしろ)因為、由于;無論怎樣、總之
宇宙船(うちゅうせん)宇宙飛船
飛び散る(とびちる)四處飛散、灑落、飄灑、飛灑
汁(しる)湯汁、湯、汁;汁液
びっしり(びっしり)密密麻麻地、滿滿地、空隙
詰まる(つまる)塞滿、擠滿、堆滿;堵塞、不通
精密機器(せいみつきき)精密儀器、精密器械
任務(にんむ)任務
遂行(すいこう)完成、執行、貫徹
乗組員(のりくみいん)宇航員、乘務員、機務員
向井千秋(むかいちあき)向井千秋
スペースシャトル(スペースシャトル)航天飛機
搭乗…(とうじょうする)搭乘
いなり壽司(いなりずし)油豆腐壽司
たこ焼き(たこやき)烤章魚球
難題(なんだい)難題
楊利偉(ようりい)楊利偉
神舟5號(しんしゅうごごう)神舟五號
とり肉の…炒め(とりにくのカシューナッツいため)宮保雞丁
豚肉の四川風唐辛子炒め(ぶたにくのシセンふうとうがらしいため)魚香肉絲
魚香肉絲(ユイシャンロウスー)魚香肉絲
博する(はくする)博得、獲取、獲得、得到
何でもない(なんでもない)沒什么特別的、算不了什么、不值一提
…狀(…じょう)…狀、…樣子、…狀態
…初(…はつ)第一次…、初次…、最早…
多額(たがく)大筆、大量、巨額
會長(かいちょう)會長
立候補…(りっこうほする)參加競選、作候選人
障害(しょうがい)殘障、障礙;妨礙
困難(こんなん)困難
はかり(はかり)秤、天平;權衡
興奮…(こうふんする)興奮、激動
暮らし(くらし)生活、度日;家境、家道、生計
平原(へいげん)平原
火加減(ひかげん)火候、火頭
調節…(ちょうせつする)調節、調劑、調整
忘年會(ぼうねんかい)忘年會、年末聚會
上陸…(じょうりくする)登陸、登岸
油(あぶら)油
定期券(ていきけん)月票、定期車票、定期門票
…加減(…かげん)…程度;有點…
問題點(もんだいてん)疑點、爭論點
追いつく(おいつく)趕上、追上;來得及
大聲(おおごえ)大聲
機內(きない)機艙內、飛機內
知り合う(しりあう)相識、結識
思春期(ししゅんき)青春期
見捨てる(みすてる)拋棄、離棄
承諾(しょうだく)同意、答應、應允、承諾
タイプ(タイプ)類型、類別

課文:

宇宙食
宇宙飛行士は、短い期間にとてもたくさんの仕事をしなければならない。だから、彼らが仕事をするうえで、エネルギーの補給は非常に重要だ。しかし、地球上では何でもない「食べる」という行為も、空気と重力のない宇宙ではそう簡単ではなくなる。
1960年代初頭、人類が初めて宇宙に出た時代の宇宙食は、チューブに入ったペースト狀のものだった。しかしこれは宇宙飛行士たちにはとても評判が悪かった。現在では、技術の進歩のおかげで、宇宙でもかなり地上の食べ物にちかいものが食べられるようになった。とはいうものの、宇宙に持っていける食べ物には、いくつかの條件がある。まず、宇宙に運べる物の量は限られていることから、できるだけ軽いものが望ましい、次に、においが強くないこと。何にしろ宇宙船の中は空気が循環しないので、一度発生したにおいは、地上と違っていつまでも消えないのだ。それから、飛び散らないことも需要な條件だ。例えば、ラーメンを宇宙に持っていこうとした宇宙飛行士もいたが、汁が飛び散るという理由で不合格になった。宇宙では重力がないので、飛び散った汁はどこに行く分からない。宇宙船の中にびっしり詰まっている精密機器に汁が入って故障でもすれば、任務の遂行や、乗組員の生命にすら危険を及ぼす可能性があるのだ。
日本人宇宙飛行士の向井千秋さんは、スペースシャトル搭乗するにあたって「肉じゃが」や「いなり壽司」、「たこ焼き」などの日本食を持っていった。難題とされていたラーメンも、汁の飛び散らないか加工をされたうえで宇宙食として認められた。
また、中國初の宇宙飛行士である楊利偉さんは、宇宙船「神州5號」で「とり肉のカシューナッツ炒め(宮保雞丁)」「豚肉の四川唐辛子炒め(魚香肉絲)」といった中華料理を食べた。これらの料理は、すべて伝統的な中華料理で、「宇宙食メニュー」として中國國內のレストランでも人気を博した。
生命維持のための食事から、楽しむための食事へ。宇宙食は宇宙開発の発展に伴ってこれからも進化し続けていくことだろう。

試試實力?來為本文部分提供翻譯稿吧!

更多課程內容等你學>>>